DamaDamTal 2016~2019

読み方は“だまだむたる”。 

DamaDamTal は、大塚 陽 と みきたまき、ダンスと非ダンスの間をどこへ向かうでもなく行き来していた2人によって

“あらゆる手段で、独自のファンタジーを忍び込ませようとする” パフォーマンスユニットとして始動した。

旗揚げ公演として2016年に「押し入れのだまだむたる」を上演するが​、このスタートの厳しさと不甲斐なさと悔しさにより、パフォーマンスについての試行錯誤の航海に出ることになる。

その結果としてたくさんの人を巻き込みながら、数多くのパフォーマンスをする機会に恵まれるも、

その間も、パフォーマンスとはダンスか?ダンスはパフォーマンスか?の自問自答を繰り返した。

2019年の中之条ビエンナーレで、DamaDamTal は31日間の即興パフォーマンスの旅をもって作品とした。

この「砂塵旅行団」をそれまでの試行錯誤の一つの区切りと実感したわたしたちは

今度は自問自答よりも“パフォーマンスの可能性”にクローズアップしていこうと考える。

その矢先の2020年、全世界は新型コロナウイルスの脅威に包まれた。

この先のパフォーマンスの可能性について、DamaDamTal は新たな方向へ舵をきる。

いつの間にかダンスか非ダンスかなんて、もうどうでもよくなっていた。

DamaDamTal 2016~2019 archive↓

© 2018 © DamaDamTal. created with Wix.com